NEWS

gazaaが恵比寿gift_labにて展示&EVENT

2011年9月20日 19:51 / NEWS , インフォメーション

mophing45.jpg

 

今年のGWに三鷹天命反転住宅にて開催された「morphing4~言葉とイメージの間の、服~」も記憶に新しいアトリエGazaaが10月1日より恵比寿gift_labにてインスタレーション展示を行います。今回の展示ではGazaaが三鷹天命反転住宅の収納方法からヒントを得てデザインしたmobile jacketを中心に、天命反転Tシャツ(2007~)やこれまで三鷹天命反転住宅で行ってきたパフォーマンスの様子の展示など、4年間に渡るGazaa×三鷹天命反転住宅のコラレボレーションの軌跡をご覧いただけます。 初日にはオープニングEVENTとしてABRF東京事務所本間も登壇してのトークイベントや三鷹天命反転住宅で行われたパフォーマンスの再演、mobile jacketの展示販売も予定されています。皆様この機会にぜひ足をお運びください。

 

Gazaa & gift_lab presents m o r p h i n g 4 . 5  ~モノとコトの間~

展示期間:2011年10月1日~10日(※3日のみお休みします。)

展示時間:12:00~20:00

会場:gift_lab(恵比寿駅より徒歩3分)

東京都渋谷区恵比寿西1-16-1 丸山ビル202 TEL 03-5784-0441

http://www.giftlab.jp/

 

コスチュームデザイナーであるGazaaが荒川修作+マドリン・ギンズの「三鷹天命反転住宅」をモチーフに、身にまとうことのできるオマージュとして生み出した「たたむ=収納」をコンセプトにしたmobile jacket。その「被服」と荒川修作+マドリン・ギンズをめぐる、gift_labでのインスタレーションとパフォーマンス。そして会場での限定展示販売も行われます。

 

オープニングイベント m o r p h i n g 4 . 5  ~モノとコトの間~ インスタレーション/パフォーマンス/トーク/受注会

日時 2011年10月1日

イベント時間:19:00 ~ 22:00(受付開始 18:30)

イベント料金:\1000+1drinkオーダー

 

<イベントメニュー> 一部:トーク『 荒川修作 → 三鷹天命反転住宅 → morphing 』

ゲスト 本間桃世(荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所代表) 飯名尚人(映像作家 演出家 プロデューサー/Dance and Media Japan代表)

司会 さとうみちよ(Gazaa主宰 コスチュームデザイナー)

 

二部:ライブパフォーマンス『変形アフタヌーンティー』ショート版

出演 久保田芳之 田中夢

演出 平松れい子

『変形アフタヌーンティー』はmorphing4~言葉とイメージの間、の服~で初演されたパフォーマンス作品です。

 

三部:一日限定 " mobile jacket " 限定カラーの受注会

mobile jacketの他の色も欲しい。との声に、この日一日限定で限定カラー4色(ミントグリーン、グリーン、モスグリーン、グレイッシュブルー)の受注会を致します。すでにお持ちの方で、他の色ご覧になりたい方必見です。 *イベント終了後もgift_labにて、販売しております。(ベーシックカラー版のみ販売)

 

::::::::

 

mobile jacket/三鷹天命反転住宅

三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Kellerは芸術家/建築家の荒川修作+マドリン・ギンズによる、世界で最初に完成した「死なないための住宅」です。 球体の部屋、凸凹の床など感覚を刺激する住宅。つまり家具が置きにくい空間!そんな収納のない住宅でいかに服を収納するか?という問題解決の為に生まれたのが、このmobile jacketです。

http://www.dance-media.com/gazaa/morphing4.html

企画:Gazaa/さとうみちよ

インスタレーションデザイン:gift_lab

協力:gift_lab、Dance and Media Japan

Special Thanks to 三鷹天命反転住宅

 

[祝!アンコール上映]吉祥寺バウスシアター×三鷹天命反転住宅 相互割引を行います

2011年4月28日 18:54 / NEWS , インフォメーション

映画『死なない子供、荒川修作』の地元・吉祥寺バウスシアターでのアンコール上映を記念して、映画とEVENTとの相互割引を行います。 映画を見て三鷹天命反転住宅、もしくは三鷹天命反転住宅を体験してから映画、皆様この機会に合わせてご体験ください。

 

<割引内容>

■三鷹天命反転住宅→バウスシアター:EVENT「三鷹天命反転住宅…つづく」特別優待券を持参の方、一般の方は200円、学生の方は300円割引します(他の割引サービスとの併用不可)

■バウスシアター→三鷹天命反転住宅:映画半券を提示の方、EVENT「三鷹天命反 転住宅…つづく」やたてもの見学会が500円引き

複数回イベント参加の皆様には特典があります!!

2011年4月28日 18:36 / NEWS , インフォメーション

EVENT「三鷹天命反転住宅…つづく。」ではイベントご参加の皆様に、特別優待券をお配りいたします。

イベント複数回ご参加の皆様は、この優待券を使うと2回目のイベントが500円引きになる特典がございます。さらに、この券を使うとバウスシアターで映画「死なない子供、荒川修作」が割引価格でご覧いただけます。

受付で渡された際には、ぜひ保管してご活用ください。 皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

yutaiken.jpg

 

 

morphingのご紹介

2011年4月20日 20:40 / NEWS , インフォメーション

 

 

4月30日より三鷹天命反転住宅にて開催される「モーフィング 4~言葉とイメージの間の、服~」に関連して、2007年に開催された「モーフィング1」の展示の様子がyoutubeにアップされていましたので、皆様にお知らせいたします。

「モーフィング1」では三鷹天命反転住宅から着想した衣装の展示とその衣装を着た4人のダンサーによるダンスパフォーマンスが行われたくさんの方がお越しくださいました。この時に製作くださったのが天命反転Tシャツ。今でもたくさんの方にご愛用いただいております。 あれから4年、今回の展示では平松れい子さん(ミズノオト・シアターカンパニー)作の「言葉のパフォーマンス」が開催されます。荒川修作+マドリン・ギンズの言葉をモチーフに作られる舞台は今からとても楽しみです。

皆様、GWはぜひ三鷹天命反転住宅でモーフィングをご体験ください!

吉祥寺バウスシアターにてアンコール上映決定!

2011年4月18日 20:53 / NEWS , インフォメーション

 

baws.jpg

 

5月7日より三鷹天命反転住宅の地元吉祥寺バウスシアターで映画『死なない子供、荒川修作』のアンコール上映が決定いたしました。 今年2月の上映では、連日たくさんの方が劇場まで足をお運びいただき、大変熱気のある2週間となりました。地元のみなさんにまたご覧いただけると思うと今からとても楽しみです!

現在、前回も大変ご好評いただいた三鷹天命反転住宅との相互割引も再度行えればと現在絶賛企画中です。詳細は追ってHPにてお知らせいたしますので、皆様ご期待ください。 それでは劇場でお会いできるのを楽しみにしております!

 

アンコール上映『死なない子供、荒川修作』

[日時] 5月7日(土)~20日(金)

[会場] 吉祥寺バウスシアター

詳細はこちらをご覧ください

http://www.baustheater.com/jikai.htm#arakawa

「三鷹天命反転住宅・・・つづく。」開催

2011年4月14日 18:51 / NEWS , インフォメーション

tsuduku_top.jpg

 

2011年5月「三鷹天命反転住宅・・・つづく。」を開催することが決定いたしました。

このイベントでは今年のGWから一ヶ月に渡り、三鷹天命反転住宅を舞台に身体のワークショップ、ファッション展示やパフォーマンス、映像、レクチャーなど、子供から大人までご参加いただけるプログラムで皆様をお迎えいたします。そして、開催期間中にはたくさんのご要望をいただいておりました三鷹天命反転住宅から養老天命反転地へのバスツアーや、三鷹天命反転住宅オープンハウスの開催も決定しております。

昨月の東日本大震災を受けイベントを開催すべきかどうか何度も検討を重ねました。

そのなかで、荒川修作が姿を消してちょうど一年となる2011年5月に、荒川+ギンズが「死なないため」に完成させた三鷹天命反転住宅をたくさんの方にご体験いただくこと、そして彼らからのメッセージを皆様とご一緒に考える機会を持つことは、現代を生きる私たちにとって大切なことのひとつなのではと思い開催させていただく次第です。ぜひ皆様には三鷹天命反転住宅まで足をお運びいただければと考えております。

それでは皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

荒川修作+マドリン・ギンズ関連書籍情報

2011年2月1日 20:03 / NEWS , インフォメーション

2010年から11年にかけて荒川修作+マドリン・ギンズの関連書籍が続々と発売されております。 皆様にもぜひお読みいただきたく、一部ご紹介いたします。

 

katobiobig.jpg

加藤里美『ARAKAWA+GINS Bioscleave House』

米国在住の写真家・加藤里美さんが荒川修作+マドリン・ギンズが設計し2008年に完成した Bioscleave House を撮り下ろしたものです。 写真集の中では、荒川+ギンズも同行して住宅に行ったときの様子や、2010年に行われたAG3 Online Conference の際に参加者が一同に住宅に集った様子など貴重な写真がたくさん収められております。 Bioscleave Houseの写真集としては世界初の出版となります。インターネットからもご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

詳細→ 加藤里美『ARAKAWA+GINS Bioscleave House』 YouTube『ARAKAWA+GINS Bioscleave House』

 

——-

 

kienbig.jpg

瀬戸内寂聴 著『奇縁まんだら 続の二』

瀬戸内寂聴さんが日本経済新聞に連載している『奇縁まんだら』の単行本第3巻に荒川修作についてご執筆くださいました。 荒川修作との出会いから現在に至る交流について、新聞では2週にわたり連載いただいました。ちなみに挿絵は横尾忠則さん。横尾さんがお書き下さった荒川修作はそれだけで一見の価値アリです。

詳細→ 奇縁まんだら 続の二

 

——-

 

tanakab9g.jpg

田中三蔵 著『駆けぬける現代美術 1990-2010』

朝日新聞の田中三蔵さんが記者生活30年の間に書かれた記事をまとめた書籍。荒川修作+マドリン・ギンズとは旧知の仲で、来日の度に交流を深めてまいりました。本書では養老天命反転地・三鷹天命反転住宅そして昨年の「死なないための葬送展」などが取り上げられ、まさに30年間の現代美術史をこの一冊で知ることができます。 そういえば田中三蔵さんは三鷹天命反転住宅の竣工式にもお越しくださいました。不思議なご縁ですね。

詳細→ 駆けぬける現代美術 1990-2010

 

 

吉祥寺バウスシアター×三鷹天命反転住宅 相互割引を行います!!

2011年2月1日 18:11 / NEWS , インフォメーション

2011baws.jpg

 

2010年12月より公開が始まった映画『死なない子供、荒川修作』ですが、おかげさまでたくさんの方にご来場いただき、渋谷シアターイメージフォーラムではロングラン上映、そして既に全国10箇所以上の上映が決定しております。皆様ご来場ありがとうございます。

2月5日より地元・武蔵野地区にある吉祥寺バウスシアターでの上映を祝して、この度映画入場券@バウスシアターと三鷹天命反転住宅たてもの見学会の相互割引を行うことになりました。

バウスシアターは三鷹天命反転住宅からバス1本で行ける場所にございます。映画を見て三鷹天命反転住宅、もしくは三鷹天命反転住宅を体験してから映画、映画の舞台の三鷹天命反転住宅そして映画『死なない子供、荒川修作』をこの機会に一緒にご体験ください!!

■バウスシアター → 三鷹天命反転住宅たてもの見学会

本作の半券を提示の方は500円引きとなります

■三鷹天命反転住宅 → 映画『死なない子供』@バウスシアター

見学会参加し住宅パンフレットを持参の方、映画300円引き。 ※相互割引は吉祥寺バウスシアターのみとなります。ご了承ください。他の割引サービスとの併用不可です。

シンポジウム「Who is ARAKAWA ?」@武蔵野美術大学開催

2010年11月23日 10:32 / NEWS , インフォメーション

2010mauhp.jpg

【シンポジウム特設サイト 当日USTREAM配信されます】

 

この度、映画『死なない子供、荒川修作』の公開(12月18日シアター・イメージフォーラム)を記念して、荒川修作の母校・武蔵野美術大学でシンポジウム「Who is ARAKAWA ?」が開催されます。

主催は、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科陣内利博ゼミの皆様。今年の夏、三鷹天命反転住宅ショートステイプログラムでゼミ合宿を行い、荒川+ギンズの活動や住宅での体験を在学中の学生はじめ多くの方に知っていたきたいとご企画くださいました。

当日は、映画『死なない子供、荒川修作』山岡信貴監督はじめ豪華パネラー陣でのシンポジウム、そして荒川修作秘蔵映像が公開されます。この映像おそらく今後絶対ご覧いただくことができないもだと思います。当日Ustream配信されますが映像部分は配信されません。

皆様ぜひ武蔵野美術大学まで足をお運びシンポジウムにご参加ください。 たくさんのご参加お待ちしております。

 

映画『死なない子供、荒川修作』完成記念シンポジウム Who isARAKAWA ?

日時:2010 年11月26日(金)

会場:武蔵野美術大学1号館103 講義室

開場:16:45 開演:17:00 参加無料、申込不要

参加パネラー

山岡信貴(映画監督『死なない子供、荒川修作』)

本間桃世(荒川修作+マドリン・ギンズ事務所 ABRF 代表)

ルーカスB.B.(カルチャー誌 PAPER SKY 編集長)

伊藤 誠(武蔵野美術大学彫刻学科 主任教授)

坂口恭平(建築家/作家『0円ハウス』著者)

司会

結城 亜寿香(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科4年)

陣内 利博(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科教授)

 

企画・主催:

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 陣内ゼミ

お問い合わせ:EGGHEADS(TEL:03-6313-9455)

イベントについてはこちら http://www.shinanai-kodomo.com/sp/

映画「死なない子供、荒川修作」特別上映会のお知らせ

2010年10月4日 22:42 / NEWS , インフォメーション

9月23日、原美術館で開催された映画「死なない子供、荒川修作」特別上映会、あいにくの天候にも関わらず満員の観客の皆様にお越しいただき、映画本編、山岡監督のトークそしてお客様からの質問と大変白熱した上映会となりました。お越しいただいた皆様ありがとうございました。

映画「死なない子供、荒川修作」は、10月から更に上映機会が増え北は仙台から南は福岡まで全国各地で特別上映会が開催されます。12月のシアター・イメージフォーラム(渋谷)での劇場上映を待たずにご覧いただける絶好の機会です。ぜひ足をお運びいただき、映画の熱気をご体験ください!!

 

『死なない子供、荒川修作』特別上映会スケジュール

 

10月10日(日) 14:00~/17:00~

八尾スローアートショー(富山)

会場:黒瀬谷交流センター喜楽里館

ホームページ:http://yatsuoart.exblog.jp/11891126/

 

10月24日(日)19:00~/10月26日(火)11:00~

せんだいメディアテーク開館10周年事業「ことばをこえて-映像の力」

会場:せんだいメディアテーク

ホームページ:http://www.smt.jp/beyond_words/part1.html

 

10月26日(火)16:00~

ぴあフィルムフェスティバル[京都]

会場:京都シネマ

ホームページ:http://pff.jp/32nd/lineup_kyoto.html

 

11月4日(木)15:15~

ぴあフィルムフェスティバル[福岡]

会場:福岡市総合図書館

ホームページ:http://pff.jp/32nd/lineup_fukuoka.html

 

11月5日(金)15:00~

ぴあフィルムフェスティバル[神戸]

会場:神戸アートビレッジセンター

ホームページ:http://pff.jp/32nd/lineup_kobe.html

 

11月19日(金)/20日(土)19:00~

目黒区美術館 特別上映会

会場:目黒区美術館

ホームページ:http://mmat.jp/exhibition/archives/ev101119

 

11月21日(日)13:30~

追悼・荒川修作 映画『死なない子供、荒川修作』上映会

会場:名古屋市美術館

ホームページ:http://www.art-museum.city.nagoya.jp

 

※上映会詳細については各主催団体にお問合せください。

「死なない子供、荒川修作」 http://www.shinanai-kodomo.com/

5 / 16« 先頭...56...15...最後 »

画像の再生マークを押してください。
音声が出ますのでご注意ください。