NEWS

『Casa BRUTUS』にBiotopological Scale-Juggling Escalator (@Dover Street Market NY)が紹介されました

2014年2月9日 17:44 / NEWS , インフォメーション

2014年2月9日発売の『Casa BRUTUS』(アンディ・ウォーホール特集号)に、昨年12月にオープンした Comme Des GarconsのDover Street Market NYの小特集記事が掲載されています。 そのトップページを飾るのはARAKAWA + GINSによる「Biotopological Scale-Juggling Escalator」、現地でも大きな反響があり、写真を撮りに来る人が絶えないとか。 ぜひお手に取ってご覧いただければ幸いです。

 

 

Casa BRUTUS No. 168

http://magazineworld.jp/casabrutus/casabrutus-168/

 

 

“Biotopological Scale-Juggling Escalator” (a model for a Lifespan Extending Module)

場所:Dover Street Market New York (160 Lexington Avenue New York, NY 10016)

http://newyork.doverstreetmarket.com/dsmpaper/new_spaces.html

11/9 NHK総合「あの人に会いたい」に荒川修作が登場いたします

2013年10月22日 14:16 / NEWS , インフォメーション

NHK総合テレビで放送されている「NHK映像ファイル あの人に会いたい」の11月9日放送で荒川修作が登場いたします。この番組はNHKに残る膨大な映像音声資料から20世紀の歴史に残る著名な人々の叡知の言葉を今によみがえらせ永久に保存公開するために制作されている番組です。

荒川修作の回ではNHKアーカイブの中から荒川の貴重な映像などが編集されて登場する予定となっておりますので、皆様ぜひご覧ください。

NHK映像ファイル あの人に会いたい 荒川修作
放送日:
2013年11月9日(土) 午前5:40~5:50 NHK総合
2013年11月15日(金)午前11:20~11:30 NHK総合
※11/15の放送は関東・中部・近畿地方は別番組になります。
※事件事故などで急きょ放送日が変更になることがあります。放送日程については番組表をご確認ください。

詳細はこちら
NHK映像ファイル あの人に会いたい
http://www.nhk.or.jp/archives/anohito/index.html
NHK番組表
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/index.cgi?area=001&f=top

11/22 「天命反転 東西の身体観を超えて-荒川修作+マドリン・ギンズと現代の建築・芸術・思想-」

2013年10月17日 15:28 / NEWS , インフォメーション

 

11月22日(金)に関西大学にて荒川修作+マドリン・ギンズを巡るシンポジウムが開催されます。弊社からは代表の本間が登壇させていただく予定です。申し込み手続き不要でご自由に参加いただけるイベントとなっておりますので、皆様お気軽にご参加ください。 

 

関西大学東西学術研究所主催講演会&シンポジウム 天命反転 東西の身体観を超えて -荒川修作+マドリン・ギンズと現代の建築・芸術・思想-

日時:2013年11月22日(金)13:00~17:30

参加費:無料・申込不要

会場:関西大学千里山キャンパス 以文館セミナースペース

〒564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号

千里山キャンパスへのアクセス方法 http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html

キャンパスマップ http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html  

 

プログラム:

13:10~13:40 講演 本間 桃世 (荒川+ギンズ東京事務所代表) 「荒川修作+マドリン・ギンズ“死なないために”」  

13:45~16:45(休憩14:45~15:00)

報告

矢原 繁長 (現代美術家) 「物質:永遠性の契機として」  

中谷 伸生( 文学部教授・東西学術研究所長) 「荒川修作+マドリン・ギンズが捨てようとしたもの」  

染谷 昌義 (高千穂大学人間科学部准教授) 「天命反転をエコロジカルに語り直す―意図に埋め込まれる身体-」  

三村 尚彦 (文学部教授) 「コウモリになるとはどのようなことか-天命反転による感覚の拡張/再生」  

16:45~17:25 総合討論  

主催・お問い合わせ先: 関西大学研究所事務グループ

〒564-8680吹田市山手町3-3-35 TEL:06-6368-0653 FAX:06-6339  

後援:荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所

4/27~イベント「三鷹天命反転住宅のいろいろ」開催直前情報

2013年4月25日 16:36 / NEWS , インフォメーション

イベント「三鷹天命反転住宅のいろいろ」ですが、いよいよ開催が明後日(4月27日)に迫ってまいりました。開催に先立ち、ワークショップの講師をご担当くださる榎本寿紀さんより、各コースについてのより詳しいご案内をいただきましたので、改めて皆様にご紹介させていただきます。

 

[A] 三鷹天命反転住宅 たてもの見学会 GWスペシャル

たてもの見学会GWスペシャルは三鷹天命反転住宅ならではのオリジナル「おやつ」をご用意しています。内容は参加者だけのお楽しみ。食べるのがもったいないほどのカワイく、美味しいハンドメイドのお菓子です!みなさまのご参加をお待ちしています。

開催日時: 4月27日(土)・28日(日)・29日(月・昭和の日)・5月3日(金・憲法記念日)・4日(土・みどりの日)

 

[B] あそぶいろいろ-カラーインスタレーション 色にまみれる

三鷹天命反転住宅の特徴は、凸凹の床、天井のフック、そして色とりどりの部屋。このコースでは、S字フックやハンガーを吊るしたり、紙テープを張り巡らせます。そしてボールやビー玉を転がしたり、風船を飛ばしたりと、この部屋ならではの遊びの数々を行いながら、参加者全員で家の魅力に迫ります。暖かい季節になってきましたので、ぜひ凸凹の床を裸足でご体験ください!

開催日時: 4月27日(土)・29日(月・昭和の日)・5月3日(金・憲法記念日)定員いずれも10:00~12:00

 

[C] 感じるいろいろ-感覚全開 ヘレン・ケラーに伝えるためにうごいてみよう

身体と感覚を研ぎ澄ます三鷹天命反転住宅ならではのプログラム。触覚を研ぎ澄まし、部屋と積極的に関わります。そのためにはまずは定番の目隠し!アイマスクじゃなくて布を使います。ほら、自分で縛るとやる気満々になるでしょ?しかも今回は耳栓もします。そして荒川+ギンズのつくった三鷹天命反転住宅の使用法から「ヘレン・ケラーに伝えるためにうごいてみよう」にチャレンジ。もちろん初めての方も楽しんでいただけます。

開催日時: 4月27日(土)・28日(日)・5月3日(金・憲法記念日)・4日(土・みどりの日)、いずれも15:00~17:00

 

[D] ひかりいろいろ-陰影礼賛 キャンドルナイト

14色もの色彩が使われている三鷹天命反転住宅で日没の光の変化、そして幻想的な空間への変貌を楽しみます。光の変化と部屋の色とのハーモニーを味わえる夜ならではのコースです。ロウソクを灯すだけでなく、夜にしか現れない色の秘密や、星空を飛んでる気持ちになれる球体の部屋スペシャルタイムもあります。

開催日時: 4月28日(日)・29日(月・昭和の日)・5月4日(土・みどりの日)、いずれも18:00~20:00

 

[E] たっぷりいろいろ-お泊まりワークショップ

「凸凹の床や球体の部屋で見る夢は?」「シリンダーのシャワーは気持ちいい?」「朝の目覚めは早い?」 計14時間もの滞在で、たっぷり三鷹天命反転住宅の魅力に迫ります。しかも定員は4名でプレミアム感もたっぷり。打たせ湯のシャワーを浴びたり、寝袋で自分の背中に合う凸凹を見つけて寝たりと、「長時間ゆっくり過ごしたい!」という方、お待ちしています。

開催日時: 4月27日(土)残席1名5月3日(金・憲法記念日)定員、20:00-翌10:00まで

 

[F] おはなしいろいろ-天命反転BAR

GW期間限定「天命反転BAR」が登場です!このイベントでは荒川+ギンズが40年以上前に制作・監督を務めた「FOR EXAMPLE」、「WHY NOT」など貴重な映像作品や普段はなかなか見ることができない映像を日替わりで上映し、皆様と楽しいひとときを共有できればと考えております。会場では、荒川修作の好物を集めたおつまみ「ARAKAWA SET」もご用意いたしました。グラスを片手に映像そして「ARAKAWA SET」をお楽しみにいらっしゃいませんか?幻想的な空間も一見の価値ありです!

開催日時:4月27日(土)・5月3日(金)・4日(土)、17:00-20:00

 

上記イベントの他にも、現在住宅にお住まいの方や「卒業生」(今までに天命反転住宅に住んだことのある方)の皆様を「先輩」として講師にお迎えする特別企画「先輩いろいろ」や、GW以降は子どもTV 番組でおなじみのエリック・ジェイコブセン氏の音楽ワークショップ、池上高志氏×鈴木健氏の対談講演会などご家族、ご友人、もちろん一人でも楽しめるプログラム満載で皆様をお待ちしております。 この機会に三鷹天命反転住宅をぜひご体験ください。

 

《企画概要》

三鷹天命反転住宅のいろいろ

会期:2013年4月27日(土)~5月18日(土)

会場:三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller

http://www.rdloftsmitaka.com/201305event

三鷹天命反転住宅にお住まいの辻真悟さん設計のリノベーション物件がオープンハウスを行います

2013年4月8日 17:16 / NEWS , 入居者ニュース

三鷹天命反転住宅にお住まいの辻真悟さん率いるCHIASMA FACTORY一級建築士事務所が設計された《飛騨高山 N邸リノベーションプロジェクト》が竣工し、4月12日・13日にオープンハウスを開催いたします。ちなみに14日、15日は春の高山祭「山王祭」です。オープンハウスは一般の方もご参加いただけるそうですので、高山観光と一緒にぜひ足をお運びください。

 

《飛騨高山 N邸リノベーションプロジェクト オープンハウス》

日時: 4月12日(金)13:00~18:00 4月13日(土)10:00~18:00

所在地:岐阜県高山市本町2-27(本町商店街 山桜神社斜め向い)

設計・監理:CHIASMA FACTORY一級建築士事務所

施工:株式会社井上工務店 プロジェクト

概要:築80年の木造民家の耐震改修+リノベーション 用途・規模:住宅(一部多目的貸スペース)、木造3階建 約200㎡ ※うち改修対象部分は1~2階、計約150㎡

当日連絡先: CHIASMA FACTORY(担当:辻) 090-1797-7677 または井上工務店(担当:栗谷) 0577-33-0715

 

【ご来場される皆様へ】

・住宅の耐震改修やリノベーションに興味のある方はもちろん、どなたでも無料でご自由に見学いただけます。

・お車でお越しの際は近隣のコインパーキング等をご利用ください。

・建物内での飲食や他の見学者の迷惑になる行為はご遠慮ください。

・写真撮影は個人の趣味の範囲内(非営利)での利用のみ可とします。

4月6日 ロサンゼルスで映画「死なない子供、荒川修作」が上映されます

2013年3月26日 15:36 / NEWS , インフォメーション

三鷹天命反転住宅が舞台の映画「死なない子供、荒川修作」が4月6日、アメリカ、ロサンゼルスのBELLE VARADO STUDIOSにて上映されることが決定いたしました。

今回の上映はIndepent Filmmakers Showcase Film Festivalのイベントとして山岡信貴監督の全監督作品が上映され、その一貫として「死なない子供、荒川修作」も上映いただくこととなりました。

海外上映は、昨年5月のドイツ・ハンブルグに継ぐ2回目、三鷹天命反転住宅や荒川修作+マドリン・ギンズの活動にご覧いただいた方々がどのような反応をしてくださるか、今からとても楽しみです。

映画祭にあわせて、山岡監督も渡米する予定となっております。 もちろん映画としても多くの方に楽しんでいただける作品となっておりますので、お近くにいらっしゃる方は、ぜひBELLE VARADO STUDIOSまで足をお運びください!

 

映画「死なない子供、荒川修作」特別上映

日時・時間:4月6日 9:15pm

会場:BELLE VARADO STUDIOS(ロサンゼルス、アメリカ)

詳細については、下記ホームページをご覧ください。

【IFS Film Festival】

http://www.ifsfilm.com/2013-ProgramGuide/

【Yamaoka Retrospective at Independent Film Showcase】

http://www.rafu.com/2013/03/yamaoka-retrospective-at-independent-film-showcase/

岡山県笠岡市にある犬島ハウスプロジェクトの川埜龍三さんを訪ねました

2013年3月25日 18:06 / NEWS , レポート

3月31日(日)のワークショップ+見学会「イヌ用タイルのつくりかた@三鷹天命反転住宅」開催に先駆け、造形作家・川埜龍三さんを訪ねて岡山県笠岡市にあるアトリエに行ってきました。

奥行き5.1メートル×高さ3メートル×幅2.4メートルのイヌを間近で見ると、とにかく大きさに驚かされます。

 

ワークショップで制作するタイルはご覧のような巨大なイヌの像に一枚一枚貼られていきます

 

(写真左)…イヌの像とモデル?のデク君と一緒に (写真右)…犬のミニチュアは三鷹天命反転住宅にも登場予定です

 

これから、この作品(犬)は5月の中旬~下旬に瀬戸内海を船で渡り、犬島にある、おかやま山陽高校が所有する築30年の海の家(通称ホワイトハウス)を犬小屋に見立てて設置される予定です。 イヌの表面は、三鷹天命反転住宅で開催するワークショップをはじめ、全国の方々が制作するタイルを含めて最終的には約6000枚の陶板タイルを貼って毛皮に見立て、今年の初秋に完成の予定となっています。

現在、川埜龍三さんは、約6000枚の陶板タイルを用意すべく、全国でワークショップを開催中です。三鷹天命反転住宅でのワークショップで作られる陶板タイルはさて犬のどこに貼られることになるのでしょうか。完成の折には、皆様ぜひ犬島を訪れ、ご自身でイヌと対面していただきたいと思います。

ワークショップの参加者は現在募集中です。 ご家族みなさんで楽しめる内容になっておりますので、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

 

《企画概要》 春休み特別企画 ワークショップ+見学会「イヌ用タイルのつくり方」

[日 時] 2013年3月31日() [時 間] 11:00~13:00 / 14:00~16:00 全2回

[会 場] 三鷹天命反転住宅

[入場料] 大人 3,000円・子供(高校生以下)1,500円 

※材料費含む / 各回15名

[お申込方法] 下記ホームページよりお申し込みください。

http://www.rdloftsmitaka.com/2013inujimahouse

Architizer A+ 2013 Competitionに「Reversible Destiny Healing Fun House – Palm Springs」構想がノミネートされています

2013年2月27日 14:05 / NEWS , インフォメーション

荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所の本部である、ニューヨークのReversible Destiny Foundation(荒川修作+マドリン・ギンズNY事務所)よりみなさまにお知らせです。

カリフォルニア州パームスプリングスのコミュニティ建設プロジェクトに提案中の、アラカワ+ギンズによる「Reversible Destiny Healing Fun House – Palm Springs」構想が、同プロジェクトを共催するArchitizerによるコンペの結果、最終選考過程のプロジェクトの一つに選出されました。 様々なカテゴリーが存在するArchitizer A+ 2013 Competitionですが、数多くのエントリー作品を200名を超える建築関係者が審査員となり、同プロジェクトはArchitecture + Aging Award部門での選出結果です。

今後は広く一般のサイト閲覧者も参加可能になります。公開投票は3月8日締切日まで受け付けております。 下記のサイトをご覧、ご一読の上、お使いのソーシャルネットワーキングサービス(Facebook, Twitter, Google, LinkedIn等)のいずれかのプログラムよりご投票いただければ幸いです。

 

投票はこちら http://awards.architizer.com/public/voting/?cid=42

 

また、Reversible Destiny Healing Fun House -Palm Springsの構想概要につきましては、下記のNY事務所のサイトをご参照ください。 REVERSIBLE DESTINY HEALING FUN HOUSEについて

同プロジェクトは荒川修作没後、初めてNY事務所が公的に参加を表明しているものであり、実現すればアメリカ合衆国では2008年に完成しました Bioscleave House以来となります。みなさまぜひ3月8日までにHealing Fun Houseをご覧になって、一票を投じていただければと存じます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

「天命反転トーク2013Vol.1 鈴木健に聞く」が開催されました

2013年2月26日 10:45 / NEWS , レポート

鈴木健さん(右)と森田真生さん(左)

鈴木健さん(右)と森田真生さん(中央)

 

2013年2月23日、冬晴れの三鷹天命反転住宅にて「天命反転トーク2013Vol.1 鈴木健に聞く」が開催されました。事前申込みには定員数を大きく超える120名様以上のご応募をいただき、やむをえず抽選とさせていただきましたが、最終的には40名の方々にご参加いただくことができました。

トークでは、聞き手の森田真生さんのナビゲーションのもと、鈴木健さんに最新著書『なめらかな社会とその敵』の内容について解説をしていただきつつ、7年越しの著作である同書が300年後の世界に対するメッセージであることや、書籍の中に書ききれなかったこと、そしてこれからの活動への思いなど多岐に渡ったお話をしていただきました。

鈴木健さん、森田真生さんのお二人とも三鷹天命反転住宅の元住人ということもあり、この住宅での当時の生活ぶりや荒川修作+マドリン・ギンズの活動についての見解、そして現在のお二人の活動との共通点についてなども織り交ぜながらのトークは非常に濃密な2時間となりました。

すでに『なめらかな社会とその敵』は第四刷も決定しており、今後はますますご多忙になられるであろう鈴木健さんの最初の出版記念イベントを三鷹天命反転住宅で開催できましたこと、スタッフ一同大変嬉しく思います。

ご登壇いただきました、鈴木健さん、森田真生さん、そしてお集まりいただきました皆様、どうもありがとうございました。

書籍紹介

なめらかな社会とその敵なめらかな社会とその敵 (鈴木健 著)

A5判上製280頁 予価3360円(本体3200円)

ISBN9784326602476 C3036

複雑な世界を複雑なまま生きるには?PICSYや分人民主主義で実現する「なめらかな社会」が近代をメジャーバージョンアップする。 世界を単純化するのはもうたくさんだ。これまで、あらゆる境界が社会のリソースを分断してきた。だが新たな情報技術によって、現代社会制度のコアとなる貨幣、政治、法、軍事のシステムまでもが新しい姿をまとう可能性が生まれた。「なめらかな社会」として、その具体的な実装方法を示す。歴史的な閉塞感の中に生きる現代人希望の書!(勁草書房ホームページより)

Amazonで購入する

『切断する美学―アヴァンギャルド芸術思想史』 塚原史 著 (論創社)

2013年2月22日 15:35 / NEWS , インフォメーション

切断する美学

 

塚原史氏(早稲田大学法学学術院教授)による『切断する美学-アヴァンギャルド芸術思想史-』(論創社)が刊行されました。

本書は2008年に刊行された『反逆する美学 アヴァンギャルド芸術論』(論創社)の続編であり、また、近刊を予定されている『模索する美学アヴァンギャルド社会思想史』(論創社)とともに塚原先生のアヴァンギャルド芸術研究の集大成としての三部作を構成されるものです。

‐したがって、表題を『切断する美学 アヴァンギャルド芸術思想史』とした理由については、(中略)ごく大づかみにいえば、因襲や伝統を断ち切って新たな方向をめざす同時代の先端的な試みとしてアヴァンギャルド芸術を捉え、(中略)二0世紀が始まる前後から近年まで、ダダ、未来は、シュルレアリスム、岡本太郎、荒川修作などによる、その思想的実践の特徴的な表れをたどってみることにしたからである‐(序章より)

とありますように、荒川修作についての考察も本書の中で重要な位置づけをされています。 アヴァンギャルドとは過去の価値観や常識を「切断」し、「新しい道」を切り拓く者であるはずであり、その実践に向かうには真に強い信念を持ち続けなければ決して歩き続けることのできないもの、だとすれば、荒川の唱え続けた「天命反転」はまさに「新しい道」へ続いているのではないでしょうか。

500頁を超える塚原先生の「尽きることのない、アヴァンギャルド芸術の思想と歴史の可能性!!」(カバー帯より)、ぜひお手にとってご一読をおすすめいたします。

 

切断する美学―アヴァンギャルド芸術思想史

単行本: 537ページ

出版社: 論創社

発売日: 2013年2月  

4 / 17« 先頭...45...15...最後 »

画像の再生マークを押してください。
音声が出ますのでご注意ください。