「ハンモック移動カフェ」が終了いたしました

2009年7月5日  15:25
hammock.jpg 里山ハンモック主催による体験ワークショップ「ハンモック移動カフェ」がお蔭様で無事終了いたしました。 期間中にはたくさんの方にご来場いただき、三鷹天命反転住宅を使ったハンモック空間をご体験いただきました。 一番遠方よりお越しの方はなんと台湾から!ご参加いただいた皆様は遠方よりのご来場ありがとうございました。この場をお借りして御礼を申し上げます。 ワークショップにご参加いただくことで、住宅を見学することではなかなか得ることのできない、「住宅を使いこなす」という体験を皆様にしていただけたのではないかと思っております。 次回のワークショップは、8月1日・8日に写真家の伊奈英次さんをお招きして写真ワークショップを開催の予定です。 今回は写真撮影という手段を使って、「住宅を使う」という体験をご体験いただければと考えております。 ファインダーを通して見た住宅は皆様の目にどんな風景に映るのでしょうか。 ぜひ皆様のご参加お待ち申し上げております。 最後に里山ハンモックのみちやまさんよりワークショップのレポートを頂戴いたしましたので掲載させていただきます。 ――――――――――――

ワークショップ「ハンモック移動カフェ」

6/27(土)~7/10(日)まで9日間、カフェをOPENさせていただきました。 土日はワークショップ、平日はハンモック体験ショールームとして開催させていただきました。 ワークショップは2コース。 ご家族、お友達と一緒にご参加いただけるコース(アドベンチャー)と恋人たちのデートコース向きのコース(ラバーズ)です。 各コースとも参加者はハンモックの設置に必要なロープワークを手を使って学んだ後、色に特徴のある各部屋でハンモックの設置を試みます。なかなかイメージができず、部屋にあるヒントをもとに参加者同士が話し合いをする場面もありました。 ハンモックの設置ができたら、次は安全かつハンモックを痛めない乗り方、降り方を実践します。 初めて体験する人が多く、感動の声が各部屋から聞こえてきました。 写真をいっぱい撮ったり、安心してそのまま眠りそうになる参加者もいました。 その後、各部屋(和室、洋室、球体)の特徴を活かした空間でハンモックを体験し 天命反転住宅だからこそできるハンモック密集生活を試みます。 部屋の真ん中に参加者全員が集まり、ハンモックに乗ったまま、お互いの名前を呼びながら、フリスビーゲームをしました。 全員が時間内にクリアできると、フルーツやお菓子のカゴをいただくことができます。 地上1メートルの高さでハンモックを体験したままフルーツやお菓子を食べた参加者は思わず「幸せ~」「地上で食べるよりおいしー」と声を上げていました。 今までより高いところでハンモックを体験しながら、食べるという生活をすることでハンモックに対する安心感は増し、もっと高いところで体験してみたいと思う方がいました。 そして部屋で一番高いところ(地上から天井まで3メートルくらい)には備えつけのハシゴがあります。 ハシゴをよじ登った先にはハンモックが1つあります。 恐る恐るハンモックに体を入れてみるとビックリ! 自分以外のハンモック体験している方々が一望できてしまいます。 最初はハンモック体験を怖がっていた参加者も 終わる頃には地上3メートルの高さで楽しんでいました。 この9日間は約130名の方々が足を運んで下さり、本当に有意義に過ごすことができました。 皆様から色々なご意見をいただけたことで、今後さらに楽しく有意義な時間にすることができそうです。 また皆様と楽しいひとときを過ごせることを楽しみにしております。 里山ハンモック代表 みちやま http://michiyama.blog17.fc2.com/blog-entry-48.html ―――――――――

<参加した皆様からのご感想です>

「ハンモックカフェ、最高でした!童心に帰ってユルユル揺られていたら、心も身体もすっきり。ワークショップの内容もよく構成されていたし、ワインやフルーツもあって大満足。ありがとう!」 「あんなカラフルな時間を過ごしたことはなかったので、おもいっきり遊べて本当に楽しかったです♪」 「最初は部屋の中はカラフルだし落ち着かなそうだなぁと思ってたけど、カラフルなハンモックがあの部屋にすごく自然に馴染んでいたのがよかった」 「フルーツもおいしかったし、ハンモックも気持ちよかった」 「ハンモックだけでなく、プラネタリウムに絵本にゲームにトイレに色々楽しすぎて、しあわせでした。」 「幼い頃にじいちゃんの家で揺られたハンモックの心地よさを思い出すとともに、 改めてハンモック、すげーなー、って思いました。」

画像の再生マークを押してください。
音声が出ますのでご注意ください。