特別上映『For Example (A Critique of Never) 』

日時: 9月14日(
  この度、荒川修作+マドリン・ギンズの初期映像作品《For Example》の特別上映会を三鷹天命反転住宅にて開催いたします。この作品は2014年5月イメージフォーラムフェスティバルにて本邦初の日本語字幕付きが上映され、東京を皮切りに、京都、名古屋、横浜と大きな反響を呼びました。今回の上映会では映画の翻訳を担当された辻真悟さんをお招きしアフタートークを予定しております。皆様ぜひ足をお運びください。
映画『For Example ( A Critique of Never ) 』(1971年)
1971 / 16ミリ(デジタル版上映)/ 95分 / 荒川修作+マドリン・ギンズ 荒川修作+マドリン・ギンズによる映画作品2作目にして最後の作品。前作『Why Not』からさらに“身体を中心として世界を知覚し、認識する”ことを突き詰めた本作は、二人の代表的な作品である『意味のメカニズム』を映像化しているようでもある。主役の子供は本当に泥酔した浮浪児にしか見えず、撮影中に荒川は何度も見かねた通行人から注意を受けたというエピソードもある。

講師プロフィール

辻 真悟(建築家)
1973年神奈川県生まれ/上智大学心理学部卒、ミュージシャン時代を経て荒川修作の存在を知り、建築を志して渡米。コロンビア大学大学院建築学部都市計画学科卒/2009 CHIASMA FACTORY 一級建築士事務所を設立し、同時に三鷹天命反転住宅に入居。現在建設が進む台湾・澎湖島の宿泊施設(前田紀貞アトリエとの共同プロジェクト)をはじめ、住宅・商業施設・事務所等の設計からまちづくりのコンサルティングまで、国内外にて幅広い業務を手がける。また、自身も卒塾生である前田紀貞建築塾にて「アルゴリズム建築コース」の講師を努めるほか、今回上映される「for Example」や山岡信貴監督「WE」(『死なない子供・荒川修作』特典版ディスク収録の映像作品)の字幕翻訳など、狭義の建築実務に留まらない活動も展開する。


開催日時

日 時 2014年9月14日() 開場 16:30 開演 17:00
上映時間 約95分
参加費 大人 ¥2,700 大学生以下 ¥2,000 (ともに1ドリンク含) プログラムにご参加の皆様には、住宅使用法が掲載された 三鷹天命反転住宅オリジナル・パンフレットを差し上げます。
対象・
定員
どなたでも・15名 三鷹天命反転住宅での上映につき少人数制とさせていただきます。 上映時間中の入退場はできません。お子様とご一緒の方はご了承の上お越しください。
 

申込み方法

定員制のため事前予約をお願いしております。参加を希望される方は、下記お申し込みフォームより必要事項をご記入の上ご連絡ください。内容確認の上、弊社よりご連絡させていただきます。

お申し込み

終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

画像の再生マークを押してください。
音声が出ますのでご注意ください。