EVENTS : TALK

tenmeihanten

(日本語) 森田真生ゼミ in 天命反転住宅

2020年2月24日(月・祝)

「森田真生ゼミin天命反転住宅」では、森田さん自身が大きな影響を受けたという荒川修作についてはもちろん、先人の多様な思考の蓄積を参照しながら、これからの時代を「よりよく生きる」ための新しい人間像を模索していきます。今回は、アメリカのティモシー・モートンの著作や宮沢賢治の童話作品などにも触れつつ、 「自分でないものたちとの共存」が一つの大きなテーマになりそうです(参考:連載「聴し合う神々」)。 さらに今回は、ゼミのゲストとして詩人・哲学者の下西風澄さんをお招きし、前半の森田さんによるレクチャーのあと、後半は「反転と詩」をテーマに森田さんと風澄さんによるダイアローグを開催します。 みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!

>> 詳細はこちら

tenmeihanten

(日本語) 森田真生ゼミin天命反転住宅

2019年12月22日(日)

2019年の締めくくりに、今年は「森田真生ゼミin天命反転住宅」を開催します。森田さんがかつて暮らしていた天命反転住宅を舞台に、森田さんの最新の思考を縦横無尽に語っていただきます。今回のキーワードは「不可解の訪問(visitations of inexplicability)」。森田さん自身が大きな影響を受けたという荒川修作についてはもちろん、現在執筆中の最新作についても触れていただきながら、新しい人間像を模索していきます。 当日は、私塾「松葉舎」を主宰する江本伸悟さんも特別参加。ゼミの終盤に、ゼミの内容を受けて森田さんにいくつかの「問い」を投げかけていただく予定です。 また会場では、森田さんもエッセイを寄稿している論集『22世紀の荒川修作+マドリン・ギンズ――天命反転する経験と身体』(フィルムアート社)を先行販売する予定です。こちらもぜひお楽しみに。 みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!

>> 詳細はこちら

kachidoki

(日本語) 竣工10周年記念同窓会 & 公開座談会「第二、第三の天命反転住宅建設は可能か?」

2015年9月20日()

三鷹天命反転住宅は今年の秋、竣工10周年を迎えます。この節目の年に、住宅の設計・施工に携わった当時の関係者の皆さまとの再会の場を持ち、また建築家の方々をお招きして、これからの「天命反転」住宅の、コミュニティの、街の、あり方を大いに語り合う時間を持ちたいと思います。一般の方のご参加も大歓迎です。

>> 詳細はこちら

120507_ALIA7711

(日本語) 森田真生「 数学の演奏会@三鷹天命反転住宅」
2015年9月21日(月・祝)

三鷹天命反転住宅の元住人であり、現在は独立研究者として活躍される森田真生氏をお招きして、森田氏が全国各地で開催している「数学の演奏会」の三鷹天命反転住宅特別バージョンを開催いたします。

>> 詳細はこちら

kobayashikegami180X120

(日本語) 天命反転トーク 小林康夫 × 池上高志
9月27日()

今春出版された荒川修作との対談本『幽霊の真理』のお相手である小林康夫氏。約10年間に渡るダイアローグの数々に秘められたとっておきのエピソードとは?お相手に、やはり荒川修作と親交の深い池上高志氏をお迎えし、会場のみなさまと共にランディング・サイトを創造する場へ、と位相的なアプローチを試みます。

>> 詳細はこちら

1 / 412...最後 »

Copyright © 2005 Reversible Destiny Lofts Mitaka (In Memory of Helen Keller). All rights reserved.