三鷹天命反転住宅の天命を反転させたい!
歴史的建造物として残すためにお力をお貸しください!!

荒川修作+マドリン・ギンズによる世界初の死なないための住宅、三鷹天命反転住宅。歴史的建造物として次世代に繋げるために皆さまのお力をお貸しください!

このプロジェクトについて

荒川修作+マドリン・ギンズによる世界初の死なないための住宅、三鷹天命反転住宅。歴史的建造物として次世代に繋げるために皆さまのお力をお貸しください!

ごあいさつ

東京都三鷹市にある三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラーは美術家・建築家の荒川修作とマドリン・ギンズが設計した全9戸からなる世界で初めての集合住宅です。2005年の竣工以来、荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所が管理運営を担い、一部を賃貸住宅として、一部を教育・文化プログラムを世界へ発信するスペースとして活動を行ってまいりました。

2020年、天命反転住宅は竣工15周年を迎え、建物を活用しながらも大掛かりな修繕計画を進める予定でした。それは荒川+ギンズの芸術作品でもある天命反転住宅の修復事業の模様を記録し、その過程で住宅を使った様々なイベントに多くの方々のご参加をいただき、同時進行で世界中にそのプロセスを発信するという、新しい形での一般参加型修復プロジェクトです。
ところが新型コロナウィルスの影響で、全イベントの中止、さらに定期的に開催して来た見学会や短期滞在プログラム(ショートステイ)の利用者の激減など、2021年になった今日も計画の見直しさえままならず、経済的にも苦しい状況が続いています。

このままでは皆さまに天命反転住宅を体験していただく機会を失い続けると同時に、修繕が必要な箇所のダメージだけが拡がってゆくという、建物にとっての危機が増してゆくばかりです。
そこでこの度、天命反転住宅の天命を反転させるべく、初の試みとしてクラウドファウンディングでの寄附を集めることを決心しました。

皆さまのお力添えを何卒よろしくお願いいたします。

荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所 代表
本間桃世

東京都・三鷹市に建つ世界的建造物・三鷹天命反転住宅の歩み

設計者・荒川修作+マドリン・ギンズ 芸術から建築へ

荒川修作とマドリン・ギンズ

荒川修作(1936-2010)は芸術家として、マドリン・ギンズ(1941-2014)は詩人として、ニューヨークで1962年に出会って以来、協働でさまざまな表現活動を行ってきました。特に荒川は現代美術の父と言われるマルセル・デュシャンの知遇を得て、1970年代以降国際的に活躍を続けます。そのテーマは一貫して生命とは?そして身体が中心となる世界をどうしたら創れるだろうか、ということでした。

二人が芸術から建築へと表現活動を移行してからも、奈義町現代美術館の「太陽」の部屋(1994年、岡山県奈義町)、養老天命反転地(1995年、岐阜県養老町)など、私たちのカラダが中心となる建築作品を発表しては美術・建築のみならず社会的な反響を呼び続けてまいりました。

左)《遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体》1994 右)《養老天命反転地》1995

アニメ監督の宮崎駿さんと荒川との対談で、「養老天命反転地のような遊園地をつくりたい」と宮崎さんにラヴ・コールをもらった荒川は「遊園地なんて絶望を作るだけだ…(中略)…オレはちゃんと生きられる街を作るんだ」(宮崎駿, 養老孟司 対談『虫眼とアニ眼』徳間書店、2002年)と言って宮崎さんを驚かせますが、その念願の「家」として2005年に完成させたのがこの三鷹天命反転住宅です。

宮崎駿さんと荒川修作、三鷹天命反転住宅にて 撮影:本間桃世、2005年

三鷹天命反転住宅 芸術作品に住む、ということ

荒川修作といえば芸術家として知る人も多く、竣工後によく「これは建築か芸術か」という議論もありました。荒川はあくまでも住宅であることにこだわり、その建築プロジェクトには日本で最高のチームが必要だ、と自ら大手設計事務所やゼネコンの代表者を訪ね、天命反転建築がいずれ日本を変える!日本が変われば世界が変わる!と訴え続けました。その結果、実施設計は安井建築設計事務所、施工は竹中工務店という天命反転・ドリームチームが結成されます。

建築事業でありながら荒川+ギンズの作品としての芸術性を保つという、非常に高度なミッションを達成出来たのも、この協働プロジェクトならでは、と言えるでしょう。
ちなみに住民のモデルとなったのはヘレン・ケラー。ヘレン・ケラーならどんな空間に住みたいかー私達ひとりひとりが持つ身体はひとつとして同じものはありません。老若男女、どんな身体であっても必ずその人ならではの使い方が見つかる、そんな住宅を目指しました。

カラフルで床が凸凹していて球体の部屋がある、、、その一つ一つの要素に荒川とギンズの長年に渡る研究結果が込められています。

竣工翌年(2006年)には三鷹市の第三セクター企業・(株)まちづくり三鷹の協力を得て入居者の募集を行ない、最初の居住者が決まりました。その中には、後にスマートフォン用ニュースアプリの「スマートニュース」を立ち上げた鈴木健さんや映画監督の山岡信貴さんなどがいらっしゃいます。

更に多くの方に使ってもらうために…見学会、ショートステイ他、体験できる機会を増やす

わずか9戸からなる天命反転住宅ゆえ、住むことは叶わなくても見学したい、あるいは何かの機会に体験したい、というお声は竣工以来多く寄せられていました。住民のみなさまのご了解を得て、2006年、まだご入居が決まっていなかった2部屋を使って体験できるイベントを開催してみよう、ということになりました。

2007年に目黒区美術館と協働で開催した一連のワークショップを皮切りに、 中学、高校、大学の課外授業/ワークショップの場として、企業の研修会、会議室の場として、あるいは写真や動画の撮影場所として、さらにはお子様のお誕生会や同窓会、結婚パーティーの会場など、多様な用途で活用されてきました。また、より多くの方々に住宅を体験いただくために2008年より定期的な建築見学会、2009年より短期滞在が可能なショートステイプログラムがスタート、この2つは今でも続く人気プログラムであり老若男女問わず多くの方々にご利用いただいています。(具体的な数字を入れる!)

反響 国内外からの訪問者・さまざまな教育・文化活動

なかでも一番多いのは国内外問わず教育機関からの団体見学者です。芸術大学はもちろんのこと、建築、教育、保育、リハビリテーションに携わる学部や大学院生など、大勢の若い方々に訪れていただいています。ヘレン・ケラーがモデル、ということで理学療法士・作業療法士の団体の見学やハンディキャップのある方々の見学も積極的に行ってまいりました。同時に国内外でのメディアにも継続して取り上げていただいています。日本国内の新聞テレビ雑誌はもちろん、Newsweek, CNN、BBC、New York Time, Le Monde紙などの大手海外メディアでも取り上げられました。特に2016年にアメリカHBOで放送された大人気ドラマ『GIRLS』の舞台に使われたことで、海外からの滞在利用者が押し寄せ、これからは研究目的でなく広く滞在を楽しんでいただけるように、と東京都に民泊事業の登録もいたしました。

反響 国内外からの訪問者・さまざまな教育・文化活動

最初はアラカワ+ギンズの住宅、ということでアート作品としてのアプローチや一見奇抜なヴィジュアルが話題に上がることが多かった三鷹天命反転住宅ですが、ご入居者の皆さまの活動にと共に住宅の世界も更に拡がってゆきました。2010年、最初の住人のお一人でもあり映画監督の山岡信貴さんが制作された住宅のドキュメンタリー映画『死なない子供、荒川修作』が劇場公開され、2012年には元住人の鈴木健さんが今や世界的なダウンロード数を誇るニュースアプリ「スマートニュース」を立ち上げられ、ご著書『なめらかな社会とその敵』で荒川修作と天命反転住宅に言及されたことで新たな層にその存在を知っていただくことになりました。

鈴木健さんが作ったニュースアプリ「スマートニュース」と著書『なめらかな社会とその敵』

2015年にはやはり元住人で独立研究者・森田真生さんのご著書『数学する身体』が出版され、その年の小林秀雄賞受賞に。森田さんご自身が“この書籍タイトルは荒川+ギンズの共著『建築する身体』から着想を得られた”と公言されたり、天命反転住宅お住まい歴最長期間の建築家・辻真吾さんが台湾で共同設計したリゾートホテルが台湾の建築賞を受賞されたり。お住いの方々のご活躍と並行してまるで成長を続けるかのような三鷹天命反転住宅、相互に呼応し合う関係は他の建物では経験することのできない、生命の力、のような特別なものを感じます。

森田真生さんの著書『数学する身体』と荒川修作+マドリン・ギンズの著書『建築する身体』
辻慎吾さん設計の《ENISHI Resort Villa》台湾

新型コロナウィルスの影響

これまで順調に歩んできた三鷹天命反転住宅ですが、2020年より猛威を奮う新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、状況は一変してしまいます。

緊急事態宣言やまん延防止対策による相次ぐイベントの中止、計画変更、海外からのお客様の来日の見合わせが当面続くことなど様々な要因が重なり、短期滞在のご利用は2019年度に比べて67%に減少、継続的に行ってきた見学会も半減以下となってしまいました。

2021年に入っても緊急事態宣言が発令され、コロナ禍前の収入への回復は難しく、お客様の利用料が大きな頼みであった建物の修繕もこのままでは行うことができません。

私どもは三鷹天命反転住宅を生活の場であると同時に、世界初の「死なないための住宅」として、荒川修作とマドリン・ギンズという類まれなる芸術家の作品として、未来に継承してゆく活動をしていきたいと思っています。

それは荒川とギンズが唱えた”Museum of Living Bodies”(あなたの身体と生活が作品となる美術館=天命反転の街)の第一号として、世界により多くの”Museum of Living Bodies”を建設する活動の礎とも言えるでしょう。

コロナ禍により、たてものの修繕を行うことができなくなり、建物に甚大なダメージを及ぼすことになれば、活動も存続できず、建物を後世に残すことができません。そこで、この度クラウドファウンディングにて皆さまのお力をお借りすることに決めました。

皆様から募集するお金について

皆さまからいただく寄付金は、三鷹天命反転住宅の大規模修繕費用に充てさせていただきます。

クラウドファウンディングを通して、多くの方に三鷹天命反転住宅を知っていただき、住宅をご体験いただける機会になれば大変嬉しいです。