Jondi Keane博士が来日されました

2007年5月30日  20:38
ご無沙汰しておりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 昨日までオーストラリアのグリフィス大学にて荒川修作+マドリン・ギンズ研究をなさっているJondi Keane博士がご来日していらっしゃいました。三鷹天命反転住宅や国内の養老天命反転地、奈義町現代美術館と視察と国内の荒川+ギンズ研究をしていただいている先生方とのご面会のためにいらっしゃったそうです。 三鷹にいらっしゃった際は、国内外での研究活動の様子や研究者の関心事ついてなどいろいろ意見交換させていただきました。ご入居されている倉冨和子さんとお会いして実際に暮らしている感想などをお伺いしておりました。倉冨和子さんからはストレッチをしていただいたようです。海外の動向としては、2008年春にアメリカのピッツバーグにて荒川+ギンズの研究会が開催されることも決定し、分野を横断した研究活動が更に盛んに行われております。 また日本でも7月に欧米の研究者一同が三鷹天命反転住宅見学のために来日を予定しており、Jondi Keane博士もその折にまたご来日されるそうです。詳細につきましては追ってお知らせできればと思っております。
Jondi Keane博士が倉冨さんにストレッチをしていただいています

画像の再生マークを押してください。
音声が出ますのでご注意ください。